*゜*初心者宝塚きろく。*。

初心者目線の深くないはなし。

宝塚ってこんなものか。

初観劇について。

 

初観劇:雪組 ケイレブハント

席:立ち見 

 

知らないことは知った方がいい。くらいの軽い気持ちで1人で行きました。

 

東京宝塚劇場に入るとすぐ左側にキャトルレーヴという宝塚のグッズ売り場があるのですが、皆さん何かを係の方にみせて入り出していたので、特別な人しか入ってはいけない場所なのかと思い込み、入れなかったです。あほですね。

まぁ、チケットでしたが。

チケットを持ってない人が劇場内に入るのを防ぐため)

 

立ち見だと4階まであがります。

そこまで窮屈でもなく、前のポールに体重をかければ疲れることはないのでチケットとれない初心者にオススメです。激安だし。

 

劇場内にはTCA PRESS(舞台のDVD情報やスカイステージ情報紙)という、月1で発行されるフリーペーパーが置いてあるのですが、それを係の方が配っていまして、そのおかげで当日の公演のストーリーをチェックすることができました。

HP見ろよ、という感じですが。

 

まぁ、初めてまじまじとみた舞台化粧のキャスト写真の感想は、どれも一緒だな、、(´・∀・`)みんな同じ顔や。。やばい。

 

えっと、ケイレブとイヴォンヌと、ジムと、、

いや、話は単純だけと登場人物謎すぎじゃね!?

 

開演前から混乱してました。

いざ、始まると、一人一人の顔は全く見えず、ケイレブとイヴォンヌとマクシミリアンとアデルくらいしか区別ついてなかったですねー。あほですねー。時々セットの方注目しちゃったりしてね。

 

ちぎさんの歌声がね、色気はないんです、ハリがあるんです。

なんか聞いたら忘れられない、美声じゃないけど。

 

ショーが衝撃。

ゆうみちゃん(咲妃みゆ)のmaterialgirlが可愛くて。ちぎさん(早霧せいな)とだいもん(望海風斗)の絡みで『BLが好きなの。』と暴露してきた中学時代の友人を思い出したりしました←

 

最後に宝塚といえばのロケットがあり、華やかな階段降り。

羽根を背負った人が降りて来たので、あーあれがトップさんかーと思ったら次も羽根、次も羽根。どうゆうことか、と思ったものです笑

2番手さんも背負うんですねー

トップスターの羽ともなると予想を上回る派手さで後ろにもなんか垂れてて、(ナイアガラ?)お辞儀大変そうだなぁと思いました。

f:id:zuka_log:20170331235549p:image

宝塚ってカーテンコールがないです。ありがとうございましたーで幕降りてすぱっと終わってすぱっとお客様もはけてゆきますので、あれ?夢だったかな?くらいのサッパリ感です。

 

私もさっさと劇場をでたのですが、なんか忘れられない。。

娘役さんの歌声天使だったなぁとか。男役ってあんなかっこいいのか。とか。。。

他にどんな作品あるのかな。とか。ずーーーっと宝塚を考えしまい、結果、次の週も行ってました。(゚∀゚)

 

その後オンデマンドで2014年花組 エリザベートを見て私はみりお(明日海りお)に堕ちました。

 

お風呂でもエリザベート。子守唄にエリザベート。車の中でエリザベート。生活とともにエリザベート状態でハマりました。

キャスト最高ですしね!!

 

立ち見から感じる宝塚の華やかな雰囲気を感じるだけでもはまってしまうのですから、今日も明日もファンが生まれ、チケ難に苦しむんだろうな。