読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者宝塚きろく

初心者目線の深くないはなし。

宝塚の入り待ちについて。

私が初めて観劇したのは

2016年11月25日〜12月25日 東京宝塚劇場

雪組公演

f:id:zuka_log:20170331031840j:image

ミュージカル・ロマン
『私立探偵ケイレブ・ハント』
作・演出/正塚 晴彦
ショーグルーヴ
『Greatest HITS!』
作・演出/稲葉 太地

↑の作品でした。

 

通ってる動物病院の獣医さんが宝塚ファンだったのですが、『当日券もあるんだよ。一緒に行こうよ。』と言っていたのをふと思い出し、(誘われた時は全く興味無かった)なんとなく行ってみました。

 

公演が11時からの場合、9時半から当日券が売り出されます。

土曜の朝7時半ごろに劇場に着くと、すでに70人位並んでいました。

宝塚のホームページに当日券が何枚でるか前日に表示されるのですが、それが42枚だったのでかなり焦りました。

 

後で知りましたが、当日券(42枚)+立ち見席の販売だったのでなんとか購入できました!

チケット難の為、当日券はB席がほとんどですが、中には劇団が関係者用に確保していた分が流れてくることもあるそうです。経験がないので分かりませんが。( ˙-˙ )

ちなみに立ち見は1500円という破格の安さです。初心者行って損なし!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

当日券に並んだのは12月。寒すぎるし、退屈だし来なきゃよかったと後悔しつつ、鼻水垂らしながら固まっていると、前方にぞろぞろと人が並び出すではありませんか!

これが、噂に聞く入り待ちか!!

 

その日は後から考えると凄まじい人の多さで劇場前が満員電車のようでした。いや、言い過ぎかも。

 

その時はトップスターの早霧せいなとトップ娘役咲妃みゆの退団発表があったらしく、入り待ちが多くなっていたようです。

 

初めての光景にドン引きしつつ(すいません)、ファンはどんな人がいるのかと興味津々に一人一人の顔を眺めていました。10代の女の子、男の子からおばさん、おじさん色んな年代がいましたが、まぁ、女性が多いのは確かだな!

 

 

本格的なカメラを携えたジェンヌ専属カメラマンみたいな方もいましたが、入り待ちの進化・最終形態はあれなのかな。

それとも写真集でも作ってるのかな←

 

 

とりあえずびっくりしたのは規律の整ったファンの動き。

生徒さんが来る順番に合わせ、それぞれのファンクラブが順列を並び替えたり、さささっーと移動します。

出勤を待つ間は全員立っているのですが、生徒さんがくると前の人は座ります。ありがとう。

 

生徒さんは優雅に運転手付きの車で出勤の上(←知らんけど。適当。)自分のファンクラブの前で止まり、ファンクラブの人達だけと軽く会話をし、手紙を受け取り劇場内へと入っていきます。

 

もちろんファンの前なので、ある程度お洒落するんでしょうが。

朝早いので、化粧はいちいちしないし、

頭にはハットを被ってることが多いです。

まぁー化粧なくても極上の美人ですが。その肌細胞が欲しい。

 

 

1番後ろのただのギャラリーの私はさっぱり見えませんでしたが、所詮見えたところで誰が誰だか、さっぱりです。

とはいえ、ちぎさん(早霧せいな)は周りの反応でトップさんだと分かりました。

お綺麗です。

 

 

色々仕組みが決まっていて、入り待ちに行っただけで宝塚の歴史を感じます。

AKBは宝塚のマネだって聞いたことあるので元祖会えるアイドルな訳ですかね。

とにもかくにもあんな綺麗なスターと対面できるファンすごい。度胸ある。

 

というわけで、当日券へ並びつつ入り待ちしてみるとジェンヌの生朝ショットを拝めるので行って損はないのです。

雨の日はやめましょう。苦痛でしかないです。